チームの紹介 | おはなしころりん

おはなしころりん

menu

チームの紹介

★おはなしころりんの活動チームをご紹介します★

読み聞かせチーム

 子どもたちに絵本の世界をのびのびと楽しんでもらいたい一心で、いつでもどこへでも馳せ参じる面々です。ころりんメンバーのほぼ全員がこのチームに所属。読み聞かせ時の子どもたちのキラキラ輝く眼差しから元気をもらっています。良い選書、聞きやすく見やすい読み聞かせを身に付けるために、毎月第1と第3の土曜日の午前中にころりん事務所で勉強会を開いています。見学者も受け入れていますから、ご興味のある方はいらしてみてくださいね。

紙芝居チーム

「むが~すむがす、あるどごさ、ひとりの旅人ぁいだったず・・・」大船渡の訛を気仙弁と呼んでいます。これが、港々または山を越えると言いようが変わるものだから、気仙弁とひとくちに言っても複雑然り。でも、そんなことはものともせず、最高齢の頼れるご意見番お二方を中心に4人のチームで、毎年1作品ずつ紙芝居の制作に取り組んでいます。この紙芝居は、子どもだけでなく、お年寄りにも大変好評です。

ラジオ朗読チーム

 毎月第2と第4の火曜日は収録、第1と第3の火曜日は朗読の勉強会という感じで、火曜日には必ず動くメンバー4人です。ラジオ放送のファンは少なからずいらっしゃっていて、過去には「こちらにいる吉永小百合さん似の方に会いたい」と事務所を訪れた男性がいたほどです。コミュニティFMラジオ「ねまらいん」で、月~金は16:00-16:15、土と日は2回で、8:15-8:30と、16:00-16:15で、昔話や創作物語の朗読を絶賛放送中。

移動こども図書館チーム

2011年の東日本大震災の年の5月にこの活動を開始して、2015年からは岩手県教委の委託事業として継続しています。圧雪でツルツル路面の冬道にも、陽射しギラギラで思考停止の真夏にもめげることなく図書専用車両に本を積んでお届けする毎日です。本が借りやすくて返しやすい図書環境づくりに元気に励むメンバーの拠り所は、子どもたちと保護者、地域の方々の笑顔にほかなりません。

講座とお茶っこチーム

 事業名は『やってみっぺし読み聞かせ』、これはこちらの方言で『読み聞かせをしてみましょう』というもの。メンバー一人ひとり、顔が広いものですから、どの会場に出向いても知った方がいるという状況で、それを手掛かりに地元密着型の活動を続けています。意識が高くて根性もあり、人の心の痛みを進んで分かち合おうとする優しさを兼ね備えたスタッフです。

事務所スタッフ紹介

 一見普通のおばちゃん風ですが、なんのなんの、一癖も二癖もある強者揃いの事務所スタッフ10人組です。トラブルが発生したとしても、にこにこ笑顔のままで土壇場力を発揮してくれます。それぞれ得意分野を持っていて、そのうえで協力的なものですから、机上の計画以上の活動がなされることが多々あります。毎月1回のスタッフ全員ランチは賑やかさこのうえなし!ころりん事務所は平日9:00-17:00で開いています。

Topへ