活動内容 | おはなしころりん

おはなしころりん

menu

活動内容

★おはなしころりんの活動内容をご紹介します★

読み聞かせおはなし会

 読書への動機づけと、おはなしを楽しむ心の育成を目指し、絵本・紙芝居・ストーリーテリング・エプロンシアター・パネルシアター・ペープサートなどを用いて、おはなし会を開いています。その他、手遊びやわらべ唄などで心温まるひとときを共有します。

〇定期的に行うおはなし会

小中学校・図書館・児童福祉施設等にて、月平均30回のおはなし会を行っています。

〇依頼に応じたおはなし会

子育て支援団体・小学校の読書祭り・PTA行事・学童保育・地区公民館・各種イベント等で、依頼先の場にあった読み聞かせを行います。

移動こども図書館
(本の貸し出しサービスなど)

 借りやすく返しやすい図書サービスの利便性の向上と、多くの図書スポットをつくる図書環境の整備、交流や賑わいの創出を目指します。「ころりん号」と「絵本カー」2台の図書専用車両が本を運びます。

〇大船渡市内全小学校11校

各クラスに「ころりん文庫」として絵本や児童書を30冊ずつ配置し、毎月1回の本の入れ替えをします。年齢に合ったおすすめ本を紹介する「ころりん新聞」の発行や、「貸し出し本リストころりんレター」では児童生徒さんと文章の交換で交流をおこなっています。

〇大船渡市と陸前高田市の子育て支援関係9団体

それぞれに毎月1回~2回ずつ訪問し、読み聞かせや歌などでおはなし会を楽しんだ後は、絵本の貸し出しをおこないます。また、子育てや読書の相談にものっています。

〇大船渡市と陸前高田市の応急仮設住宅団地や地域集会所等

大船渡市内では26カ所を毎月1回ずつ、陸前高田市では要望に応じて巡回しています。
子どもには絵本の貸し出し、大人には本や雑誌を差し上げ、中古本市コーナーでは販売も行っています。また、簡易のお茶会も設け、住民間の交流も図ります。

やってみっぺし読み聞かせ
(読み聞かせ講座とお茶会、子どもとの交流おはなし会)

 応急仮設住宅団地や地域集会所を訪問し、読み聞かせ活動の楽しさや、地元の民話の面白さを堪能し、喜びを分かち合う内容の講座とお茶っこを開いています。
 さらに講座の参加者が子どもたちに読み聞かせをする実践のサポートをしています。地域の方々の活躍の場の提供や、生きがいづくりに結びつけながら地域コミュニティ再生を目指します。
 平成27年度以降は、災害公営住宅団地や地域公民館にも訪問しています。また、大船渡市にとどまらず、陸前高田市や釜石市にも参っております。

おはなしサロンの運営

 絵本に囲まれたくつろげる空間であり、子どもや地域の方々が気軽に立ち寄れる交流スペースです。読み聞かせや図書サービスで、本との充実した出会いの場を図ります。
 交流を通じて、子どもを含めた住民相互の支え合いを促進し、普段の暮らしにおける人と人のつながりを強め、そこからともに元気になるきっかけを作ります。

★住所★
岩手県大船渡市盛町字館下4-3-3(おはなしころりん事務所となり)
★開室時間★
10:00〜16:00
★お休み★
月曜・木曜・日曜。また5月連休、お盆、年末年始の間はお休みします。

地元民話の紙芝居制作

 大船渡に伝わる民話を手作りで制作し、読み聞かせに活用します。口伝や文献から題材を求め、絵は中学生・高校生・主婦・高齢者など多様な描き手に依頼し、文化継承と郷土愛の育みにつなげます。

絵本作家による読書イベント
(講演会・ワークショップ等)

 毎年、著名な絵本作家をお招きし、交流に力点をおいた読書イベントを開催します。普段読んでいる本の作家との直接的な触れ合いから、読書意欲を喚起し、読書活動の推進に努めます。

ラジオの朗読番組
「おはなしのおくりもの」

 コミュニティFMラジオ「FMねまらいん」(87.5MHz)において、様々な物語を朗読し、その面白さを広く紹介する活動です。世界の民話・日本昔話・創作物語・詩などを読んでいます。
★放送時間★
月~金(16:00-16:15)土日(8:00-8:15、16:00-16:15の2回)

東南アジアに絵本をおくる
ボランティア活動

 子どもの主体性の育成を目的に、東南アジアの社会的に立場の弱い子どもたちに絵本を届けるボランティア活動を地元の子どもたちにしてもらいます。誰かの喜びを願って行動を起こす体験は、子どもの豊かな心の成長に結びつくことでしょう。

その他にもいろいろ

 地域の読書活動の推進と、本・読書・読み聞かせによる地域のつながりづくりとその強化に向け、そのときのニーズに沿った企画を柔軟に立ち上げています。ほかに、講演や研修会なども承っています。

Topへ